地盤改良

地盤改良の施工例(下記にない場合も>>コチラからお気軽にご相談ください)

地盤事故は軟弱地盤(柔らかい地盤)の上に建物を建てることで、重さにより傾き、最悪の場合は倒壊してしまう事故です。
地盤事故を防ぐには軟弱地盤を良好地盤(硬く安定した地盤)に改良する必要があります。

以下は現在、地盤改良工事で主に使われている工法です。

 

■表層改良工法
軟弱地盤の層が地表から2メートル以内の場合に下部の良好地盤層と一体化させて支持地盤を造る工法です。
工期は通常1日から2日ほどになり、固化材による植物などへの影響はありません。

 

■柱状改良工法
軟弱地盤が2メートルから8メートルの深さの場合に用いられる工法です。
土を採掘しながらセメントミルクを流し込み、地中にコンクリートの柱を造ります。

 

■鋼管杭工法
深度30メートルほどまで施工可能で、軟弱な地盤に鋼製の杭を打ち込む工法です。
深い場所にある強固地盤と軟弱な地盤を一本の杭で貫通させることで軟弱地盤を強固地盤で固定します。

▼施工実績もあわせてご確認ください▼

>>内装リフォームの施工実績
>>水回りリフォームの施工実績
>>新築戸建・増改築の施工実績
>>外構・エクステリアの施工実績


□■ご相談・お見積り無料■□

【代表直通】 090-5013-1218
【事務所】 0745-45-4185
【対応エリア】 生駒郡を中心に、隣接する地域

こちらのフォームで24時間受付中≫

一覧ページに戻る

初めての方へ
お問い合わせ